(グレーゾーン)就学準備は何をしたらいい?

困った行動おうちで解決!

おうち療育アドバイバイザー浜田悦子です。

 

こんにちは^^

 

今日は、こんなお悩みにお答えします。

 

 

――――――――

 

年長のグレーゾーンの娘がいます。

 

来年の就学に向けて、

家でも色々準備をしておきたいと思っています。

 

どんなことからはじめていけばいいでしょうか?

 

――――――――

 

就学の悩みは、つきないですよね。

 

 

ピカピカの小学1年生!

でも、発達凸凹のお子さんを持つママは

不安が多く、手放しでは喜べないかもしれません。

 

 

わたしもそうでした。

 

 

普通級って決めたけど、ちゃんと行けるかな?

パニックになりやすいけど、大丈夫かな?

先生に理解がなかったら、どうしよう・・・

 

 

考え始めたら、キリがないですよね。

 

 

また、学校ですので

どうしても学習面に目が行きがち。

 

 

でも、今日は

発達凸凹のお子さんだからこそ

学習面の前に大切にしてほしいことや

確認しておきたいことをまとめます。

 

 

就学に向けて、

お子さんのためにサポートブックを作るママも

いらっしゃるかもしれません。

 

 

でもね、

まずは以下の3つに

取り組んでみてくださいね。

 

 

① ヘルプサインは出せますか?

 

まず、質問です。

 

お子さんは困った時に、

「わからない」

「教えて」

「手伝って」

と、言えますか?

 

 

これらは、いわゆるヘルプサインですが

発達凸凹のお子さんは、

自分が学校で困った時や

何をしていいかわからない時、

どんな風に言葉にしていいか

わからないことがあります。

 

 

また、

ヘルプサインを出せないことで

  • どうしていいか焦ってしまったり・・・
  • 逆に何をしていいかわからずにボーっとしてしまったり・・・
  • お友達に急かされてしまったり・・・
  • 先生から怒られてしまったり・・・

そんなことがあるかもしれません。

 

 

小学校に入ってから、

「わからないことは先生に聞くんだよ」

と教えても、簡単にはできません。

 

 

その理由は、

わからないという時点で

お子さんはすでにパニックになっていることがありますし、

“ 先生 ”という概念を理解していない場合もあります。

 

 

先生とは、抽象的な概念です。

 

自分のクラスの先生も、先生。

隣のクラスの先生も、先生。

校長先生も副校長先生も、先生。

 

この区別ができているか?ということも、忘れずに確認しましょう。

 

また、ヘルプサインを指示をする時は、

「 〇〇先生(担任の名前)に〇〇って言うんだよ」

と、具体的に、お子さんが落ち着いている時に教えてあげてくださいね。

 

 

さらに、

家でできないことは

学校という大きな集団ではできません。

 

 

まずは、家でヘルプサインが出せるか?

 

ママに、パパに、

「わからない」

「教えて」

「手伝って」

と言えるか?

 

確認してみてくださいね。

 

 

もしヘルプサインが出せない時は、

練習が必要です。

 

 

練習と言っても、特別なことではありません。

 

 

まずは、ママがパパが家族が

「わからない」

「教えて」

「手伝って」

と、生活の中で言っていくこと。

 

 

どんな時に、そういう言葉を言えばいいのか?

そういう言葉を言えば、誰かが助けてくれる。

 

 

ヘルプサインを出す環境を作り

 

“ こんな風に言えば手伝ってくれる ”

“ こんな風に言えば、困っても大丈夫 ”

 

という、成功体験として積み重ねていくことが大切です。

 

 

 

発達凸凹に理解のある先生なら、

お子さんのことを理解して対応してくれるかもしれません。

 

 

ですが、先生任せでは

なかなか難しいと感じています。

 

 

もちろん、先生のチカラも大切ですが

子どもを想うからこそ、今からできること、やりたいですよね^^

 

 

 

② お守りやクールダウンできる方法を探す

 

二つ目は、お守りを持っておくということです。

 

 

例えば、

刺激に左右されやすく、

授業中お友達にちょっかいをだして

先生に怒られるタイプのお子さんがいるとします。

 

 

 

 

お友達にちょっかいをだしてしまうお子さんって

 

  • 今どこの場所をやっているかわからなかったり
  • 授業についていけなくて
  • 暇な時間

 

になっていることがあります。

 

ーーーーーーーーー

ですので、上にも書いたように

「教えてください」などの

言葉が言えるかどうか?がとても重要になってきます

ーーーーーーーーー

 

 

授業中、お友達にちょっかいを出し

先生に怒られる、ということは

お子さんのためにも、避けたいですよね。

 

 

そんな時は、

どうしたら授業中、静かに座っていられるか?

ということを考えていきます。

 

 

そうした時に、

椅子に静かに座っていられるお守り

を、探していくのです。

 

 

刺激に左右されやすいお子さんが

それを手の中で握っていると、

そこに意識を集中できるようなものです。

 

 

  • 何かを握る
  • ノートの隅に〇〇の絵を描く
  • トイレに行かせてもらう

 

 

モノじゃなくても、

「友達に話しかけたくなったら、〇〇しよう」

「ハンカチについている洗剤の匂いをかいでみよう」

 

と、パターンを考えて落ち着く方法を準備しておく。

 

 

今の気分や状況を、

少し切り替えられる手段を探す、というイメージです。

 

 

わが子は、聴覚過敏があり

教室がうるさいとパニックを起こしていました。

 

 

でも、そのうるさい場所から

一歩外にでて手を洗ったり水を飲むことで、

また教室に戻ってこれるようになりました。

 

 

パニックになりそうになったら、

一歩違う空間に行く。

 

 

それを繰り返していたら、

3年の時には教室を出ることなく

授業に座っていられるようになりました。

 

ーーーーーーーーー

余談ですが

むすこは今後、自閉症スペクトラムという

診断から外れる可能性があると言われています

 

これは子どもの困り感が減ったということであり

我慢させる対処法では得られないことだと感じています

ーーーーーーーーー

 

 

お子さんやタイプによって、

どんなことがぴったりくるか、わかりません。

 

 

でも、発達凸凹の子どもたちは

ゼロから考えることができません。

 

 

落ち着きのない子、

すぐにパニックを起こしてしまう子を問題視せず、

就学までに、色々なものを試し

子どもがしっくりくるモノや方法を見つけることは

子どもにもママにもお守りになるはずです^^

 

 

 

③ お子さんの問題行動と対策

 

最後はこちらです。

 

ここを理解していないと、

サポートブックも書けません。

 

 

サポートブックは、

先生への要望ではありませんので

ここをしっかりと理解しておくことが必要です。

 

 

お子さんが集団ではどんな問題行動がでるのか?

 

そして、それはどのようにして解決できるのか?

 

 

もちろん、悩みは尽きませんので

今実際に取り組んでいる問題もあると思います。

 

 

ですが、集団で起こりうる問題行動を理解しておくことで

対策ができるようになります。

 

 

(学校であんなことが起きたらどうしよう?)

 

 

と不安になるのではなく、

もし、同じようなことが起きたら

わが子に効果的な対応を

先生に伝えておくことができます。

 

 

そうすると、お子さんも先生もラクになりますし、

ママの不安も軽減しますね^^

 

 

例えば、これはむすこのことですが

(本当にパニックが多い子でした)

 

  • 急な予定の変更があるとパニックになりやすい(問題行動)
  • 予定変更がある場合は、絵などで教えると入りやすい(事前にできること)
  • パニックになったら、放って置くと(無反応)回復が早い(事後対処)
  • 回復したら、忘れずに共感(事後対処)

 

このように理解しているだけで

先生にも伝えやすくなりますし、

共通理解が深まります。

 

 

わたしも就学は、本当に不安になりました。

 

でも、今のむすこの成長を見ていると

自分がやってきたことが報われた思いがします。

 

 

参考になさってください。

 

関連記事:

4年前はこうだった!むすこの入学準備

先生に見てもらえる!サポートブックの作り方

入学はスタートです

無料メール講座