発達障害の子どもを持つママのお悩み。
意外と多いのが・・・
絵が描けないということ。
color-pencil
目次
  1. お絵かきのスモールステップとは
  2. お絵かきをさせる前に、やってほしいこと
  3. お絵かきを、課題にさせないコツ
幼稚園で、先生に『リンゴかいてみよう!』と言われ、絵ではなく文字で【りんご】と書くお子さんは、少なくないのではないでしょうか?
そう、発達障害の子どもたちは、想像力が乏しいことがあります。
だから、りんごでも、イチゴでも、いざ描くとなると難しいのです。

お絵かきのスモールステップとは

お絵かきも、子どもの理解に合わせてスモールステップが必要です。
わたしたちは、りんごと聞いて、赤い、皮を向く前のりんごを想像するのではないでしょうか?
だけど、発達障害の子どもは、想像力がありません。
  •  皮をむく前のりんご
  • 皮をむく前のりんご
  • 皮をむく前のりんご
  • 切ったりんご
  • 種がついているりんご・・・

みんな、りんごなのです。

apple
ですから、最初は描いてほしいりんごを具体的に提示する必要があります。
写真を用意して、真似して描いてね!と指示すると、描ける子どももいるかもしれませんね。
(実物は3Dなので、最初は写真などの2Dをオススメします)
これが、うまくいかない場合は、もっとスモールステップに分解しなければなりません。

①まるいりんごの、最後の枝の部分(線)のみを描かせて、おしまいにすること

これができたら、

②その前の、まるい形から描かせる

など、ゴールから逆算して、一筆でかけるところから無理なく練習していきます

お絵かきをさせる前に、やってほしいこと

これでもうまくいかない場合は、ママが何度も何度も目の前で描いてあげることも大切なステップです。
発達障害の子どもたちは、間違えることがニガテです。
間違いや失敗することは、やりたくないと思っています。
だからね、何度も何度も描き方を見せてあげることで、描く順番もわかるようになり、自信につながるのです。
(この時、向かい合った席ではなく、同じ方向(子どもの後ろから抱っこするような姿勢)で描いてあげてください)

 

それから、もうひとつ知っておいてほしいことは、子どもが興味のあるものを題材にするということ。

発達障害の子育てをしているママならおわかりのように、子どもは興味のないことには見向きもしません。
いつも皮がむかれて、カットされた果物より、大好きな車や(タイヤの○を描かせたり)、お花(お花と葉っぱをむすぶ線)、大好きなアン○ンマン(お口だけ描く)を描かせて

『 できたね! 』と声をかけてあげるほうが、ずっとずっと楽しいはず。

o0800053313021192846

お絵かきを、課題にさせないコツ

子どものモチベーションも変わってくるはずですし、何より課題ではなくなるはずなのです。
発達障害の子どもは、普段から自分はできないと感じていることが多く、日常が課題です。
やらさている・・・と感じている子どもは、課題だとわかった瞬間に見向きもしなくなります。

療育や課題は、子どもやイヤイアやるものではないと思っています。

本当に、この子のためなのか?
この子が、生きていく過程で大切なことなのか?
いま、本当に必要な課題なのか?

おとなが立ち止まって、考えて、取捨選択することも、とっても大切だと感じています。

我が家のむすこも、全く絵に興味がありませんでした。
興味があったのは、数字とアルファベット。
わたしは、何百回も書かされました^^;
でも、そのおかげで、教えることなく書けるようになりました。
数字を書くついでに、となりに数だけの果物を描いてみたり、
アルファベットを描きながら、AならApple、BならBallの絵を描いたりして、点をたくさん残してきました。

最初からゴールを目指すとイライラします。

子どものできないことが、ついつい目についてしまうはずです。
遠回りのように思うかもしれないけど、きっと近道になるはずです。

まとめ

  • 子どもの理解にスモールステップを設定すること

  • 課題の取捨選択をして、見極めること

    ぜひ、試してみてくださいね。