(Q&A)困っていると言えない年長さん

発達障害・グレーゾーン

子どもの困った行動をおうちで解決!

おうち療育アドバイザー浜田悦子です。

 

今日はこちらのお悩みに、お答えします。

 

◆ お悩み:困っていると言えない

 

◆ 年齢:現在年長、春から1年生

 

◆ 困っている悩みや行動に対しての現在の対処法

困っていると言えない

外出先でトイレに行きたい

(仕草や行動がおかしいので親は気付く)が、

大丈夫と言ってギリギリまで我慢する

給食中に、友達がお茶をこぼして

自分が濡れたときには、固まって泣けてしまう。

 

◆ 現在の対応についてのお子さんの様子・反応

ママもトイレ行きたいからついてきてくれる?と誘う。

笑わせると気持ちを話しやすくなるタイプなので、

面白いことを言ってひと笑いしたら、

トイレ行こっか!と直接的に誘う。

もしかしてトイレ行きたい?と聞いて

大丈夫と言ったら、ママの気のせいか。

また行きたくなったら教えて。と伝える。

給食中のことは家に帰ると、

濡れちゃったんだよね。とだけ言い、

泣いたことは話さずケロッとよそおうため対応出来ていない。

お悩みありがとうございます。

 

年長さんですし、

困っていることを困っていると

言えるようになるためには、

周りの大人のサポートがないと

なかなか難しいと感じています。

 

 

ヘルプサインが出せないお子さんって

” 誰に ”  ” 何て言ったらいいか ”

わからない場合はほとんどです。

 

 

また、

” 自分自身が困っている状態 ”だということも

なかなか理解することは難しいです。

 

 

こちらのケースでは、

ーーーーーーー

外出先でトイレに行きたい

(仕草や行動がおかしいので親は気付く)が、

大丈夫と言ってギリギリまで我慢する

ーーーーーーー

とありますが、

お子さんが本当に困っているのか?

 

お子さんとママの間にズレがあると

押し問答になってしまいます。

 

 

ギリギリまで我慢して、

お子さんは失敗してしまうのでしょうか?

 

もし、失敗している場合は

状況に応じての行動が難しい…

ということになるかもしれませんが、

ギリギリまで我慢して失敗せずにトイレに行ける場合は

お子さんにとって、

「なぜママは何度も聞くんだろう?」

と、思っているかもしれません。

 

 

また、トイレが怖いお子さんもいます。

公衆トイレに入ることができない理由

 

 

自宅や園ではスムーズに行ける場合は、

公衆トイレに対して、何か苦手意識があるのかもしれません。

 

直接聞いたり、観察しながら見極めていくことが大切です。

 

 

トイレの感覚に関わらず、

人の感覚って様々ですよね。

 

 

わたしも、

自分だったら余裕をもってトイレに行くのですが

ギリギリでトイレに駆け込むむすこを見ると

いつも(なんでかな~)と思います(笑)

 

 

うちの子は小学校低学年まで

パンツを汚してしまうことがありました。

 

 

その理由は、

何かに夢中になっている時もありましたが

おしっこの間隔が

よくわからなかったのかもしれません。

発達凸凹の子どもたちは、

感覚過敏を持っていることがあります。

 

 

色々な刺激を自分のチカラで

処理することが難しいのです。

 

 

ですので、

何かに集中していたり

逆に不快な刺激の中にいる時は、

トイレに集中できないのかもしれません。

 

 

話しを戻しますね。

 

お子さんが困っていることがあったら

” 誰に ” ” なんて言ったらいいか ”

具体的に教えていきましょう。

 

 

トイレの場合は、普段の様子と

外出先での様子を観察しながら、

「 おしっこしよう 」

「 (イレに行きたくなったら) ママにトイレに行くって教えてね 」

などでしょうか。

 

 

年長さんなので

わかりやすく。短い言葉がオススメです。

 

 

また、

ーーーーーーー

給食中に、友達がお茶をこぼして

自分が濡れたときには、固まって泣けてしまう。

濡れちゃったんだよね。とだけ言い、

泣いたことは話さずケロッとよそおうため対応出来ていない。

ーーーーーーー

ということに関してですが、

こちらに関しては

「イヤだったね」と共感していくことから

始めていけるかな、と思います。

 

 

泣くことを悪いことだと思っていると

口にだして言うことは難しく、

お子さんにとっては

隠したい、忘れたいことなのかもしれませんし

本当に忘れてしまったことなのかもしれません。

 

 

お友達のお茶がかかって

固まって泣けてしまうのは、

パニックの状態だと考えられます。

 

 

パニックになっている時に

ヘルプサインをだすことは難しいので、

 

まずは、

「 濡れてイヤだったね 」

「 びっくりしたね 」

と、お子さんのイヤだった気持ちに共感をしていく。

 

 

その後に、

「 〇〇すれば、元にもどるよ 」

「 イヤな時は、〇〇先生に助けてって言うと助けてくれるよ」

と、お子さんが安心できる提案をしていくことをおススメします。

 

 

ヘルプサインって、高度なスキルです。

 

 

信頼できる相手にしか出せないし、

どう助けを求めたらいいか?

セリフが自分の中にないと、言えません。

 

 

でも、ヘルプサインが言えたら

何よりお子さんが生きやすくなります^^

先生やお友達が助けてくれますから。

 

 

自宅でできる、ヘルプサインの練習方法は

ママが「手伝って」「助けて」と、

口に出して言っていくことです。

 

 

それは、子どもの行動に関連して・・・ではなく

本当に自分が困っていることを

生活の中でお子さんに助けてもらってください。

 

 

もちろん、小さなことでOKです。

 

 

手伝ってもらったり、助けてもらったら

笑顔で「ありがとう」を言っていきます。

 

 

その繰り返しが、

苦手なことを手伝ってもらっても良い

わからないことを聞いても良い

と、お子さんの中に沁み込んでいきます。

 

参考になさってください。

無料メール講座