(Q&A)動物の鳴き声の真似をする、小学3年生

発達障害・グレーゾーン

子どもの困った行動をおうちで解決!

おうち療育アドバイザー浜田悦子です。

こんにちは。

 

今日はこちらのお悩みにお答えします。

 

**

 

◆ 年齢:9歳(小3)

◆ 困っている行動や悩み:

動物の鳴き声の真似(ライオン、サル)などの奇声を出す

路上でされると奇異の目で見られて困る

 

◆ 困っている悩みや行動に対しての現在の対処法:

要求を言葉で伝えるように注意。

目を見てしてはいけないと話す。

(間違えだらけの発達障害という本で読みました)

 

◆ 現在の対応についてのお子さんの様子・反応:

回数が減りました

 

 

お悩みありがとうございます!

 

1月下旬頃から現在の対処法をしてきて、

回数が減ってきているとのこと。

 

子どもの問題行動って

劇的に変化することもありますが、

時間がかかることも当然あります。

 

回数が減ってきているなら、

このまま継続でもいいのでは・・・?

と思いつつ、

それでは回答にならないので、わたしなりの考えと対処法を書いてみますね。

 

 

本人が機嫌が良い時に行動の理由を聞く

まずは、

どんな時にこのような行動がでるのか?

観察することが大切です。

 

ーーーーーーー

2学期にこの様な事が多いように思います。

犬や、中年女性(口うるさそうな感じの人)…

たぶん嫌いなんだと思いますが、

足で蹴るような事

(遠くなので、足は届きません。)をしたりするのも、

吠えたりするのも元を正せば同じかもしれないと思います。

ーーーーーーー

 

こちらの文章より・・・

  • 2学期
  • 犬や中年女性

がわかるのですが、

 

” どんな時にこのような行動がでるのか? ”

 

をもう少し詳しく観察する必要があるかもしれません。

 

観察の中で一番大切なのは、

その問題行動が起こった直前に何があったか?です。

 

 

もちろん、

目に見えないことも多いのですが、意識してみてくださいね。

 

 

また、お子さんが話せる場合は

お子さんが落ち着いている時や機嫌がいい時に、

 

「 犬の鳴き声する時って、どんな気持ち? 」

「 足で蹴りたくなる時って、どんな時? 」

 

と、聞いていくことも試してほしいところ。

 

 

もちろん、本当の理由を

すぐに話せるとは限らないのですが、何かヒントが隠れているかもしれません。

 

 

人も声も視線も刺激(共感)

 

わたしは、人も声も視線も ” 刺激 ” だと考えています。

 

このお子さんの場合、

犬や中年女性が大きな刺激になっています。

 

苦手な(と仮定します)犬や女性が

自分に注目しているしていると思っていて、

その注目を拒絶し、自分を守るために

そのような行動に出てしまう。

(鳴き声を真似したり足で蹴ろうとする)

 

 

このような場合、

お子さんの苦手な気持ちには共感して、行動には無反応をしていきます。

 

この共感の時にかける言葉に、大切になってくるのが

 

上に書いた・・・

ーーーーーーー

また、お子さんが話せる場合は

お子さんが落ち着いている時や

機嫌がいい時に、

「 犬を見るとどんな気持ち? 」

「 犬の鳴き声する時って、どんな気持ち? 」

「 足で蹴りたくなる時って、どんな時? 」

などなど・・・

聞いていくことも試してほしいところ。

ーーーーーーー

ここの部分、なんですね。

 

 

実際に、お子さんが

  • 怖い思いをしたのかもしれないし
  • 何かイヤな思いをしたのかもしれません。

 

実際に体験していなくても、

テレビや本を見て、印象的な映像が

お子さんの中にあるのかもしれません。

 

 

どちらにしても、

  • この根本的な原因を探し
  • お子さんの気持ちに寄り添っていかないと

 

その行動が減っても、

お子さんの気持ちがそのままになってしまいます。

 

 

周りが困った行動だと思っていても

子どもにとっては、自分を守る行動であることがあります。

 

 

そこを丁寧に見てあげて

子どもの気持ちも、問題行動も、

改善していく必要があると

わたしは感じています。

 

 

また、

お子さんはネガティブな感情を理解していて

言葉に出すことができるか?同時に観察していきましょう。

 

 

発達凸凹の子どもたちは、

ネガティブな感情を感じることが苦手です。

 

ネガティブな感情:

怖い、悲しい、悔しい・・・など

※ 悪い感情ではありません

 

 

ですので、

犬を怖いと思っていても

その「怖い」が言えずに

自分の感情にフタをして

攻撃として行動に出ているのかもしれません。

 

 

※ ネガティブな感情の理解ができていないお子さんは

勝ちにこだわったり、間違うと癇癪を起こしてしまうお子さんに多いです。

 

子どもに共感することは、

子どもの中にあるネガティブな感情に気付き、名前を付けていくこと。

 

その感情は、怖いっていう感情だよ。

感じていいんだよ。

感じることで、癒されていくんだよ。

 

と、感情と名前をマッチングさせていく作業になります。

 

 

人も声も視線も刺激(対処法)

ここからは対処法について、解説していきます。

 

子どもの気持ちに共感しつつ、

でも、行動は改善していきたいですね。

 

一番効果がある対処法は、無反応です。

(無視ではありませんよ~しっかり共感してくださいね!)

 

 

でも、お悩みにもある通り

路上でされると奇異の目で見られて困りますよね。

 

 

わたしも、

どんなに効果的な対処法だと分かっていても

同じ立場だったら難しいと思います。

 

 

無反応を外で実践する時は、

自分の心にも時間にも余裕がないと難しいですよね。

 

**

 

無反応以外の効果的な対処法ですが、

カギはやはりお子さんが握っています。

 

上に書いたように、

丁寧にお子さんの話を聞き

ネガティブな感情に共感しながら、一緒に対処法を考えていきます。

 

 

対処法は

いくつか選択肢を持っておくことが、ママの安心にもつながります。

 

例えば・・・

  • 無反応は自宅でやる
  • 犬を見たら、背中を向けてママとしりとりをする
  • 怖い女性がいたら、ママの背中に隠れて30数える
小学3年生ですので、お子さんの発達に合わせて
できそうなことを一緒に考えていくことが大切です。
でもあくまで、共感を忘れずに^^
コツは、
  • 場面を切り変える(視界に入らないようにする)
  • アタマで考えなくてもできることを提案する
この辺りでしょうか?
何か、安心できる匂いを持ち歩いておくのもいいかもしれません。

 

選択肢って、ママと子どものお守りになります。

 

 

それから、お子さん自身も自分の行動に対して

” こんな風にすれば、いいんだ! ”

” これを持っていれば落ち着くんだ! ”

と、分かると生き辛さが少なくなったり、

今後困った時にも、自分で切り替えができる機会が増えると思うんです。

 

 

ちょっと話がズレますが、

うちの子は年長までパニックがとても多い子でした。

 

感覚過敏が多い子だったので、

小さな事でパニックになり

クラスを脱走するという日々でしたが、

そのうち、パニックになりそうだと分かったら

” クラスを出て水を飲みに行く ”

という行動に落ち着きました。

 

(もちろん、丁寧に話を聞き、共感し、

原因を理解し、先生にもご理解いただきました)

 

 

パニックが減ったことで

むすこ自身がラクになり、自信にもなったのだと思います。

 

 

一年生になった時も

まだまだパニックになり、固まって泣く日がありましたが

保育園からの延長で、

” パニックになりそうな時はトイレに行かせてもらう ”

という行動に落ち着きました。

 

でも、その行動も2年生くらいですっかり落ち着きました。

 

 

話しを戻します。

 

このお子さんは、

犬や中年女性を見ると、少しパニックになっているのかもしれません。

 

反射的に攻撃してしまうのは、

他にどうしたらいいかわからなくて

自分の感情もわからなくて困っている状態・・・

このように、わたしは考えています。

 

子どもの困った行動には、原因がある。

参考になることがあれば、幸いです。

 

Follow me!