何回言ってもなおらない子どもが自発的に行動できる3つの視点

・なぜ何回言っても、なおらないのだろう?

・何回も言わないと、なぜわからないのだろう?

 

注意されていることは

わかっているはずなのに、

また同じことを繰り返す子ども。

 

今日は、

3つの理由と対処法を解説します。

 

これを知ると

今まで何回言ってもなおらなかった子どもが

自発的に動けるようになったり、

たった1回の指示で行動できるようになります。

 

理由①声かけと対処法

1回の指示で行動できないということは、

いくつ理由が考えられます。

 

その中のひとつが声かけ

 

まず、

肯定的であることが大切です。

「 やめなさい 」

ではなく、

「 〇〇しよう 」

 

例えば、

「 ゲームやめなさい 」

ではなく

「 ゲーム終わりにしよう 」

 

実際には、

「 そろそろゲーム終わりの時間かな? 」

という、提案だとなおいいですね。

 

 

発達障害の子どもは、

命令や否定語が苦手です。

 

また、

短い言葉で、

具体的にかけてあげないと

指示も理解できません。

 

例えば、

「 何度言ったらわかるの!? 」

「 もういい加減にしなさい! 」

「 時間だって言っているでしょ! 」

 

このような場合、

主語がなく、

全て曖昧で、

子どものアタマの中は

謎だらけになっている可能性があります。

 

さらに、

声かけの内容ではなく、

(ママが怒っている)

という、

ママの怒りの感情に

意識を向けることがあります。

 

そうすると、

言葉を聞いてはいないのです。

 

発達障害の子どもたちは、

注意の調節が苦手です。

 

相手の感情を読み取りながら

言葉を聞く、

ということができません。

 

同じ状況にあった場合、

刺激の多い方を

(音量やインパクトの強い方)

キャッチしてしまうのです。

 

声をかける時は、

・肯定的に

・短く

・感情を入れない

この3つを試してみてください。

 

理由②指示の出し方と対処法

指示の出し方というのは、

声かけも入りますが、

もっと大きな視点で考えてみましょう。

 

例えば、

普段声かけをするとき

どのような距離感で、

どのように声をかけているか

想像してみてください。

 

結論から言うと、

・背後から

・子どもが何かに集中している時

 

これは、

あまり効果的とは言えません。

 

先ほども触れましたが、

発達障害の子どもたちは

注意の調節が苦手です。

 

ですので、

・子どもの正面(視界)に入る

ことがとても重要です。

 

子どもの気持ちを切り替える、

意識を向ける

という方法です。

 

ただ、

子どもが集中している時に

これをやるのは逆効果です。

 

大人も、

ドラマのクライマックスで

突然テレビを消されたら怒りがわきませんか?

 

子どものタイミングを見計らう

これも、大切なコツです。

 

声をかける時は、

・子どもの正面(視界)から

・タイミングを見計らう

 

理由③優位性と対処法

上に書いた、

二つのことを実践しているのに、

子どもが変わらない時は

言葉での指示を理解していない場合があります。

 

また、

できる時とできない時にムラがある

というお子さんも、

ここに入ります。

 

このような場合は、

目に見えるカタチで指示をだす方法を

(視覚支援)

ぜひ試してみてください。

 

実際にあった例を

ご紹介します。

 

トイレに行っても

流さない

手も洗わない

電気も消さない

小学2年生のお子さんがいました。

 

ママが

いつも声をかけていましたが、

なかなかスムーズにいきません。

 

わたしは

トイレのレバーには、①

水道には、②

電気には、③の

数字のシールを貼ることを

提案しました。

(100円ショップなどにある丸シール)

 

そして、

必ず最初に、

お子さんと一緒に確認をする。

 

ということをアドバイスしました。

 

その後、

1回でできるようになったと

うれしいご報告をいただきました!

つい、

視覚支援と書くと

絵カードを想像しがちですが、

手順については、

このように順番を示してあげるだけで

うまくいくことがあります。

 

視覚優位
(見て理解する)

聴覚優位
(聞いて理解する)

 

お子さんの

優位性を見ることも

解決への近道になります。

 

まとめ

何回言ってもなおらない子どもは

サポートが必要な子とも言えます。

 

つい、

怠けているんじゃないか?

我慢が足りないんじゃないか?

と、思ってしまいますが、

特性という理由が

隠れていることが多いのです。

 

ぜひ、

この3つの視点から

お子さんを見てみてください。

 

そうすると、

上にあげた例のように

たった1回の指示(この場合は視覚支援)で、

自発的に動けるようになります。

 

解決のヒントは、

子ども自身が持っています。

参考になさってください。

Follow me!