個別相談のご感想

わたしが現在5歳(年長)のSくん初めて会ったのは、
彼が4歳になったばかりのころでした。
言葉もなく、多動、かんしゃく、オムツが外れない・・・

ママは様々な療育を試されていましたが、
なかなか納得のいくものに出会えず、
悩んでいる時に個別相談にきてくれました。

以下、初めて相談してから1年後の、
ママへのインタビューです。

memo

相談したきっかけ

息子は2歳になっても言葉が出ていなくて、明らかに他の子より成長が遅れていました。

2歳半で療育センターに相談に行きましたが、まだ年齢が小さいので『様子をみましょう』と言われました。

そのまま様子をみていましたが、他の子たちの成長は明らかで、『何かできることはないか』と自分でいろいろと調べ始めました。

地域の療育センターでは特に受けられるプログラムがなかったので、近くの民間の療育施設へ何ヶ所か行きましたが、どこも泣き叫ぶだけで、連れて行くことにも疑問を感じました。

何か、今のうちにできることがないだろうか・・・

ネットでいろいろ調べているうちに、浜田先生の『おうち療育』という言葉にたどり着き、『家でもできることがあるんだ!』と、すぐに個別相談に申込ました。

家

一番悩んでいたのは?

当時の悩みは『年齢相応にできるようにしてあげたい』ということでした。

こだわりや偏食がなく、指示の入るタイプで”育て辛さ”がなかった分、『他の子よりも遅れている』というところに目がいってしまっていました。

『普通の子に近づけたい』
『周りの子と同じことができるようにしたい』

わたしの中で、療育はそのためにしていました。

具体的には、

『オムツが取れない』
『言葉がでない』

そこが一番の悩みでした。

相談後、どのような変化が起きましたか?

結果的に、その悩みは1年後には、
なくなりました。

オムツは時間がかかりましたが、日中はパンツで過ごせています。
言葉も同じ年の子に比べればまだまだですが、日常生活に必要なコミュニケーションは問題なく取れていて、去年から知っている方には、その成長ぶりにびっくりされます。

何よりの変化は、自分自身でした。

私が子どもにこういうことが出来るようになって欲しいんだけど・・と相談した時、浜田先生が『お母さんは、それを本当に望んでいますか?』と聞かれました。

その時、はっと目が覚めたのです。

それは確か、園の先生に『このくらいは出来るようにしてください』と言われて、必死になっていたことでした。よくよく考えたら、当時の息子にはとてもハードルの高いもので、私にとっても息子にとっても、たいして重要なことでありませんでした。

浜田先生にお話を聞いてもらいながら、いくつか同じようなものが出てきました。

自分が何に悩んでいて、
子どもにどうなってほしいか。
いま親子にとって、どんな課題があるのか・・

当時は必死すぎて、見えなくなっていました。

 

個別相談を受けてそこがクリアになり、やるべきことと、やらなくていいことが明確になりました。

そして、子どもを褒める機会がぐんと増えました。

実は、子どもはすごく頑張っていたのに、私が気づいてなかっただけだったのです。

子どもの足

結果的に、そこから私が180度方向転換し、笑顔が増えて、子育てが楽しくなりました。

子どもを心から大切に思えるようになり、
小さな成長ひとつひとつを、大切にしてあげられるようになりました。

当然、子どもはこの1年、驚くほど成長しました。

1年前は『あー』とか『うー』とかしか言わなかったのに、
『パパ、きょう◯◯(息子の名前)と、いっしょにいる?』起きがけに父親に聞くのが日課です^^

浜田悦子はどんな人でした?

長身の美人(笑)で、すごく優しい。

とにかく、否定しないで聞いてくれる。

聞いてくれるだけじゃなくて、解決策を提示してくれる。

その提案が具体的で無理がなく、
すぐに取り入れられる。

迷っているママへ伝えたいこと

個別相談というと、
なかなかハードルは高いかもしれませんが、

一番の近道です。

私自身、いろんな施設に行ったり、勉強会に行ったり、本を読んだり、ネットで調べたり・・・

あらゆることをしました。

無駄なことは1つもありませんでしたが、これだけは言えます。

発達障害の子どもの特性というのは千差万別、一人一人違うのです。

そして、親も違う。

私と、
私の息子に合う方法は、

個別相談でしか、見つかりませんでした。

 

早いうちにここに辿り着いた皆様は、幸せだと思います。

この先の子どもの未来、
家族の未来への対価を考えれば、

安すぎる投資だと思いました。

今まさに子育てに悩んでいるのであれば、さっさと解消したほうが得だと思います。

小さいうちにしか、できないことがあります。

子どもが一番かわいい時期を、
多くの親子が笑顔で過ごせるようになることを願います。

笑顔の男の子

浜田より

 

 

 

個別相談詳細