【Q&A】登園しぶり・拒否

おうち療育アドバイザー浜田悦子です。
こんにちは。

今日は、お悩みにお答えします。

年中の途中から幼稚園に行きたがらなくなりました

年長(5歳)・男児

年中の途中から幼稚園に行きたがらなくなりました
幼稚園しぶりと言うよりも拒否に近く夜になると明日行きたくないと大泣きします
登園までしぶしぶ支度をし園の前で母親と離れる前また大泣き

本人は今の幼稚園がいやだし友達も先生もこわいからきらいと言っているので転園も考え2件ほど他園も見学しましたが反応はよくなく
どうしたらよいか悩んでいます

母親が自分が甘すぎるのかと不安になってきていてその状態も私としては心配です

励ましたり時には強く出たりいろいろと試みてはいますが小学校上がる前の一年になる大事な時期ですので毎日登園できるようになって欲しいと思っています


男の子のおばあさまからのお悩みです。
お悩み、ありがとうございます^^

うちのむすこも登園拒否があったので、お気持ちよくわかります。

このような状況の場合、ぜひ試していただきたいことがあります。

 

現在の対処としては、
>励ましたり時には強く出たりいろいろと試みてはいますが
というところですね。

ただ、これですとうまくいかない可能性があります。

なぜかと言うと、幼稚園に行くことが前提になっているからです。

 

ヘルプサインを見逃さない

年長で毎日通えるようにならないと、小学校でも毎日通えないというイメージがあるかもしれません。

ですが、
お孫さんは、『 友達も先生もこわいからきらい 』 と言えています。

まずは、お孫さん(お子さん)のヘルプサインを受けとめることが第一です。

なぜ大事かといいますと、毎晩泣くほど拒否をしているのに行かせようとしていると、
子どもは【 誰も自分の気持ちはわかってくれない 】と思うようになります。

助けてと訴えても、助けてもらえない。
これは、自己否定につながっていく可能性があります。

また、今の状態ですと、もしかしたら お孫さんも娘さんも幼稚園に行くこと(行かせること)に必死で、何が原因なのか?探しきれていないのかもしれないと感じました。

年長さんですし、どうして?なんで?と質問しても、理由を言えないのは当然のことです。

そこを聞きだすためには、お孫さんと娘さん(ママさん)の間に


どんなことを話してもいいよ

という安心感がなければなりません。

 

お孫さんが
『 幼稚園にいきたくない 』と言った時に、まずやることは、
『 そっかぁ、幼稚園にいきたくないんだ 』と、共感することなのです。

共感することは、子どもの要望を聞き入れることではありませんし、甘やかすことにもなりません。
逆に、共感がないと いつまでも幼稚園に行きたくない理由が見つらないのです。

子どものきっかけは、もちろん大きいこともありますが、些細なこともあります。
転園も、一つの選択肢だとわたしは思っていますが、幼稚園に行かせるための転園ですと、同じような状況になってしまう可能性があります。

ヘルプサインは、自立に必要不可欠なスキルです。
大切になさってください。

 

また、毎晩同じような状況を繰り返している場合は、パターン化されている可能性があります。

パターンを崩すためにも、落ち着いている時(昼間など)に、お子さんの話を聞いてみることを心掛けてみてください。

これは、ずっとじゃなくていいんです。
お子さん遊んでいる時に、5分、10分一緒に遊びながら まずは楽しい話題から話をしてみてはいかがでしょうか。

 

休ませて観察してみる

もう一つは、可能でしたら幼稚園を休ませることをオススメします。

これは、人によっては 勇気がいることかもしれません。

ですが、休ませて お子さんの様子をじっくり観察してみてください。

どんな表情で、どんな様子なのか?
園の時と、どう違うのか?

うちのむすこは 登園拒否をして、わたしも引きずって連れていったことも何度もあります。
ですが途中で、これではむすこもわたしもダメになる…と思いました。

むすこは年少~トータルで年長の1年ほどしか保育園に通っていません。
運動会を欠席したこともあります。

それでも、小学校に入ったら 頑張って毎日通っています。
元気に・・・とは行きませんが、自分で決めて行っています。

それから・・・幼稚園や保育園は、小学校よりも刺激が多ハードルが高いのです。

子どもが小さいからうるさいですし、それ以上に先生の声も大きいです(笑)
静かな時間なんてありませんので、特に聴覚過敏のお子さんはかなりきついでしょう。

また、不安が強いお子さんは、大きな声を聞くだけで【 こわい 】と感じることがあります。

 

むすこの登園拒否の理由の一つが、朝の会の歌が嫌 でした。

それ以来、朝の会の歌の時は、渡り廊下にいてもOKとさせていただきました。

幼稚園がきらい、お友達も、せんせいもこわいからきらいと言っていても、色んな角度から考えることができます。

その中でも、うまく理由を説明できないということが、子どもにとっても見守る大人にとってももどかしいところですね。
(質問が尋問にならないように、先生のご協力も必要かもしれませんね)

だけど、あんなに登園拒否していた保育園。
むすこは今でも懐かしく思いだし、『 久しぶりに行ってみたい 』とまで言うようになりました。

まとめ

長くなってしまいました。

まとめます。

・ ヘルプサインを受けとめる

・ 子どもの話を聞く

・ 幼稚園を休ませて観察する

参考になさってください。

 

Follow me!