発達障害の子どもが自分に自信を持ち【人はみんな違う】と思えた事例

不安がとても大きくて・・・
負けることに抵抗があって・・・
感覚の過敏もあった子どもが・・・

小学1年生で自信を取り戻すことができた事例を紹介します。

%e3%83%8f%e3%83%bc%e3%83%88%e3%80%80%e6%89%8b
つみきが崩れただけで、かんしゃくを起こし・・・
ほしいものが手に入らないと、所かまわず寝転がり・・・
怒って、押さえつける子育てをしていたら、自分に自信が持てない子どもになってしまいました。

このままじゃダメだと思っていても、怒りを子どもにぶつけてしまう子育てがやめられなかった。

子どもを怒り、寝顔を見ては自己嫌悪。
そんな日を何日も、何か月も過ごして、ある時 思った。
このままじゃダメだって。
ほんとに。
わたしも、むすこもダメになるって。
%e3%81%a9%e3%82%93%e3%82%88%e3%82%8a%e9%9b%b2
あれから、4年。
小学1年生になったむすこは、

『 人はみんな、ちがうから 』

と、言葉にだすまでになりました。
苦手なことには今でも後ろ向きだけど、時には涙を浮かべながら・・・
でも、いろんなことに挑戦できるようになりました。
もちろん、まだまだ成長過程。
日々、いろんなことが起こるけれど、やる・やらないも含めて、自分で考え、挑戦し、失敗してもまた挑戦することができるようなメンタルが形成されました。
%e8%99%b9
むすこがはまっているTVドラマ。
『 あの人の代わりには、誰もなれないんです 』
というセリフを聞いて、

『 人はみんな、ちがうからね! 』

と、言えるまでになりました。
おわかりの方もいらっしゃるかもしれませんが、これはわたしたち親子のことです。

4年で、むすこは別の人になったようです。

4年。
長いですか?
短いですか?
家で必死にセラピーをして、こうなった訳ではありません。
療育に必死に通った訳でも、ありません。
これだけは、やった!と思えることは・・・

①むすこの話を聞いたこと(表現が難しい時は、選択肢やまとめて提案)
②ダメという言葉を使わなかったこと(ダメというくらいなら見て見ぬフリをした)
③(むすこの意見を聞いて)やらない選択もOKだとむすこの意志を尊重した

もちろん、怒ることもあったし、衝突してむすこが家出をしたことも何度もありました。
それでも、ここまで成長したことは素直にうれしいもの。
身近な事例だけど、確かな事例なのです。
5歳までベビーカーに乗っていた、ちょっと大きなむすこ、
ベランダにさえでることのない、休日を過ごしていたむすこ、
わたしがこわい顔をしただけで、泣きだしていたむすこ。
人って、変わるのです。
あなたの、【 変わる 】きっかけになりますように。

Follow me!